カテゴリ
全体
会からのお知らせ
活動報告
星景写真
星野写真
月・惑星・太陽
星雲・星団・銀河
彗星
その他
壁紙
携帯より投稿
コンタクト




八ヶ岳スタークラブへの
お問い合わせは
こちらまで


会員の方々のリンク集です

有賀さんのHPとBlogです
●有賀哲夫の星空365日●
everynight~tetsuちゃんの夜毎の星空
星空の旅~美しい星空や、自然現象を追う! そんな旅・・・~

ヒロくんのHPとBlogです
ヒロくんの部屋
徒然なるままに独り言を呟く

ShinobeeさんのBlogです
Shinobee's World

カズ君のBlogです
カズ君の四畳半

高峰高原ホテルさんのHPです
高峰高原ホテル




フォロー中のブログ
八ヶ岳スタークラブ ~星...
Shinobee's W...
北八ヶ岳天文台の日々
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月


木崎湖の龍燈伝説に迫る!
「木崎湖には10月下旬から3月ごろまで、
晴れた夜に龍燈が湖を渡る」


このような言い伝えがあると聞いたのは
不確かながら10年ほど前。

「木崎湖」とは松本から北に車で約一時間、
大町市にある大きな湖。

「龍燈」とは、ふいに海上に現れる怪火で、
龍神さまの灯す、ありがたい火の事だとか。
不知火などがその代表的な現象です。

長い間、単なる言い伝えと思われていたのですが、
地元の僧侶という方の長年の観測によって
ある仮説が立てられます。


「木崎湖の龍燈って、カノープスなんじゃね?」


こんなチャラい乗りではなかったと思いますが(笑)
その僧侶はしっかりした観測結果として
「木崎湖の龍燈=りゅうこつ座のα星である」と
独自の結論を導き出したようなのです。

私の尊敬する野尻抱影先生の著書「星と伝説」
にもその様子が記載されているようです。

私も素人の直感で
「10月下旬から3月=カノープスの好機」とか
「怪火=赤い色、低空の大気のゆらぎ」とか
「必ず湖の南岸に現れる=南中前後」とか
「渡る=日周運動」というキーワードが
いかにもカノープスっぽくて、
「もうカノープスで決まりじゃん」と
単純に思ってたのでした。

しかし、そんな軽い想像をするだけじゃなくて
実際にその仮説を長年の努力で実証した
信濃毎日新聞の記者さんがおられます。

この記者さんは木崎湖だけでなく
県内外のあらゆる場所に出向き
カノープスを撮影している凄い方です。

厳冬の渋峠から浅間の火映越しに撮った
カノープスなんて、凄まじいの一言です。

私なんて、車で行ってちょっと撮って
帰って来るだけのカノープス(笑)

その記者さんが、天気の安定しない
冬の木崎湖に130回以上通い続けて
龍燈伝説を写真で実証したのです。

昨年、その写真と共に新聞の記事になり、
アストロアーツの投稿写真にも出されています。

これにはビックリでした。
国立天文台の渡部先生も絶賛してます。

そして、カノープス好きの私としてみれば
当然、「自分でも撮ってみたい」という
思いに駆られ、ここ数年、ロケハンを
繰り返してました。

しかし、佐久から木崎湖って
けっこう遠い。

行っても大抵曇りか吹雪(笑)
ロケハンすらままならない状況が続きました。

そこで今回の出張(笑)

夜中の事なので体調管理をしっかりしつつ
(こっそり)便乗させて頂くことにしました。

奇跡的に午後から明け方まで時間が取れた日、
明るいうちから木崎湖に出掛け、まずはロケハン!
湖の北側にベストポジションを見つけました。
b0069126_18214748.jpg

記者さんの写真を参考にさせて頂くと、
対岸にある一番低い部分の真ん中に
小さく見える林の脇に現れるはず。

南中高度 わずか1°
超低空との戦いです(汗)

日が暮れて満天の星空、ベストコンディション♬
b0069126_18291851.jpg


南中時刻は2時40分ごろなので
しばし仮眠をして時を待ってたのですが、
1時半に起きてビックリ!!

一面、霧に包まれているのです。

「えぇ~」(泣)です。

しかしよく見るとうっすらシリウスが見えてたので
急いで場所を移動することに・・・。

せっかくロケハンしたのに、南中時刻直前に
慌てて闇と霧の中でのポジション探し。

焦りを押さえることが出来ませんでした。

南岸に近い水辺に出ると霧から出ることができ
急いでセッティングして、まず一枚
b0069126_18375096.jpg


南岸に近づいた分だけ、小さかった
真ん中の林が予想以上に大きく見えてしまい、
南中高度1°に立ちふさがります。

星の配列から追っていくと
この林の左側にギリギリ見えるはず。

かなり厳しいなぁ

さらに、邪魔をするように霧が流れます。

南中時刻を過ぎてもそれらしい星は
見えてこず、歯がゆい時間が過ぎます。

「やっぱり駄目かなぁ」

そう思ったホントにその瞬間、
木の間がキラッと光ったのが分かりました。
b0069126_18455123.jpg


右側の林の左隅に写っている赤い星
b0069126_18471290.jpg


星の配列から確認すると、カノープスでした!

霧が前面にあるのでかなり減光されてますが
そんな中でもこの明るさで輝けるのは
全天2位の明るさの星だからに他なりません。

双眼鏡で確認出来たのは僅か15秒ほどでしたが、
あとで写真を確認したら、その10分程前からの
連続写真に、林の木に隠れたり出たりしながら
移動している姿がしっかりと写されていました。

今回はRAWデータで撮ったので、比較明合成?
をしてデータの調整などをすれば、「渡る火」が
表現出来るのではないかと思います。


今回はまだ試し撮りです。

いつの日か霧のない夜に北岸から
渡りの全容を捉えたいと思います。
[PR]
# by usudahoshinokai | 2017-11-16 19:18 | 活動報告 | Comments(0)
忙しくてもふと星空を見上げる時間をつくろう、と思いました
先週の木曜の夜から昨日遅くまで都合6日間、
諏訪と松本で缶詰状態の仕事をしてきました。

今年はそのような忙しい時に限って、いい天気。

今回の出張中も、まさにそんな状態で
初日の夜から恨めしさが募ります。

そんな時、ふとビジネスホテルの窓から外を見ると
諏訪湖の上に見た事のあるお馴染みの方が・・・(笑)
b0069126_13393251.jpg


「あれ?オリオンさん、いつから居たんすか(笑)」

旅先で友達にバッタリあったような
そんな気がしてちょっと嬉しくなって
「お仕事がんばろ!」と
思えちゃったから不思議です。

よくよく考えると
星が趣味って言っても内容は沢山あって
その中でも、いつもやってるのは
大抵「撮る」なんですよね。

でもね、星が見える忙しい夜に

「ふと眺める」

という感覚が生活の中にさりげなくあったら、
今よりちょっと素敵な生活になるのかなぁ

「ちょっとだけやる気スイッチ、オン」(笑)

そう思った出張初日の夜でした。


ヘビーでタイトな二日目も夕方になり、
次の会場へと諏訪湖を半周する移動。
その後、深夜まで会議と懇親会の予定。
夕空を見上げると・・・快晴(涙)

でも待てよ

諏訪湖半周の移動は個々の自家用車だし
移動時間の設定は多めに取ってある。

ならば、湖畔道路の脇に車を止めて
しばしの星空ハイキング!

ちょうど、温泉街の上には秋の一つ星
「フォーマルハウト」が光ってました。
b0069126_13573430.jpg


夏の大三角なんかも見えてましたよ!

僅か10分ですが
楽しいスターウォッチングです。


三日目の朝は、湖畔に虹が掛かりました。
いい事ありそう(笑)
b0069126_14124344.jpg



三日目の夜ともなるとタガが外れ、
「ちょっと遠くまで行けるかも」
なんて悪知恵が働き(サボってはいません)
塩尻峠途中にある「やまびこ公園」まで
足を運んでみました。
(すでに、ふと眺めるではないかも(笑))

丘の向こうに「夏の大三角」が沈みます
b0069126_144976.jpg

諏訪湖の向こうからはオリオンが昇ります
今夜もお逢い出来ましたね。
b0069126_147398.jpg


湖畔の宿前に降りるとこんな感じです
これがふと見上げる風景かもしれません
b0069126_1410509.jpg


ここまで30分弱。
短時間でも星は楽しめます!

四日目の朝は、対岸の遥か彼方に富士山!
「Theニッポン」的な存在感。
b0069126_1413546.jpg


この日からは松本に移動して別のお仕事。
なにが何だか分からなくなってきた頃です。

しかし、今回の松本出張はですね、
仕事もこなしつつ、
星については前々から周到に
緻密なロケハンを繰り返し
ある計画を企ててた事があったのです。

が、この企画については次のブログで(笑)


松本の夜はちょっと郊外に出れば
安曇野あたりで綺麗な風景に出会えます
どこか懐かしい風景です
b0069126_14215897.jpg


明け方、長峰山に登れば雲海の上。
絶景でした!
b0069126_14293058.jpg


今回の出張、奇跡的?なのかどうか
全ての夜でオリオンさんに逢えました(笑)
地味な嬉しさに包まれます。
b0069126_14242755.jpg


振り向けば朝焼けの中に仲良く並んで
金星と木星が昇っています。
週末、最接近ですね。
b0069126_1428542.jpg



雲海、星空、壮大な北アルプス
夜明けの張り詰めた空気感

これは贅沢な眺めだ、と
ため息をついていると・・・

突然、雲海の中から何かが
ボコッと盛り上がりました

「でかっ! 何だ?」
b0069126_143135100.jpg


ゴ、
ゴジラ?
b0069126_14323384.jpg


・・・にしては可愛い。
(耳あるし笑ってるみたいだし)

まさかの「安曇野くん?」(笑)

数時間前に
シン・ゴジラ見てたばかりだったから
ちょっとリアルで笑ってしまいました!

でも
いったいなんだったんだろう?


北アルプスの常念岳から白馬連山までの
100km以上、
一斉にモルゲンロートです
b0069126_14372181.jpg



下界は濃霧に包まれ、また一日が始まります
b0069126_14382127.jpg




今回の出張はかなりタイトな行程だったのですが
こんな状態でも時間をやりくりすれば
なにげに沢山の星時間が取れるんだなぁと
あらためて思ったのでした。

なにせこちらがどんなに都合を付けても
晴れなきゃ何にも出来ないこの業界。
少ないチャンスを確実にモノにする工夫。

必要です。

面白かったのは、趣味を充実させるために
頑張った結果、仕事のモチベーションも
上がったこと。

サードプレイスという言葉があります。
生活の中での第三の居場所

工夫次第で出張も生活も面白くなりますね。
[PR]
# by usudahoshinokai | 2017-11-15 16:19 | Comments(0)
月と共に
満月前後には星屋さんはあまり活動はしないんですが、
そのような時期に限って晴れの日が続いてますね。

でも、満月近い月明かりの中で過ごす夜は
何とも言えない雰囲気に包まれるので
私は意外と出かける事が多いんです。

もともと太陰太陽暦で千年以上も暮らしてた文化。
地球に最も近い天体でもあり、潮汐作用を筆頭に
生活のあらゆる面に大きな影響を受けてる事を考えると
月と共に暮らす方が自然だという考えをお持ちの方が
私の知り合いにけっこう居るんです。

お話を伺ってると、月の満ち欠けを基準にして
二十四節気や七十二候という季節感で
自然のリズムを大切にして
旬の物を食べながら暮らすというのです。

なかなか真似をして暮らすことは難しいけど
大きな月を見上げながらお話を思い返すだけで
なんだかゆったりと時間が流れる気がします。


とりあえずこの満月前後には
月を眺めて過ごしてみました。

3日夕方の月、満月まえの
大きな大きな月が昇ります
b0069126_20235024.jpg


こちらは5日夜明けの月
満月すぎですがまだまだ大きく見えます
b0069126_20264043.jpg


本当は4日夜にその友達とお月見しようと
思ってたんですが、急な仕事で・・・
5日夕に庭に出て、ひとりお月見しました(笑)

とりあえず、お団子作って
b0069126_2033050.jpg

b0069126_20342257.jpg


月の出を見ながら庭で茹でました
b0069126_20352774.jpg

b0069126_20354273.jpg


出来上がって気づいたのですが
お供えする台?が、無い!

仕方なくこんな感じに(笑)
b0069126_20365864.jpg


一緒に市販のベーコンを燻製器に。
そもそも燻製されてるベーコンをこうする事で
味に深みが増し、ビールに最適な味になるのです!!
b0069126_2039720.jpg

b0069126_20392144.jpg


一通りお月見が済んだら、
お団子は・・・

スープの中に(笑)
b0069126_20404594.jpg


夕食の出来上がり!
b0069126_20411889.jpg


体が温まって、またお月見です
アルビレオやアルマク、
球状星団やh-χなんかも綺麗でしたよ!
b0069126_20433770.jpg



今朝も出勤の前にお月見
近くの牧場の唐松は紅葉真っ盛りでした
b0069126_20595949.jpg

[PR]
# by usudahoshinokai | 2017-11-06 21:00 | 活動報告 | Comments(0)
霧ヶ峰から安曇野へ
先日、松本の会議に出かける際に霧ヶ峰を越えました。佐久から松本へ行くのになぜ霧ヶ峰?と思われる方もあるかもしれませんが、夜7時からの会議で夕方4時には佐久を出ることが出来たので、天気も良いしちょっと寄り道して行こうと企んだのでした。

望月から女神湖を目指し、長門牧場の手前で綺麗な月の出を見ました。
b0069126_20362245.jpg


女神湖では湖面に映る月が幻想的でした。
b0069126_2037437.jpg


白樺湖~車山経由で霧ヶ峰へ
夕焼けの中に土星と夏の夜空を飾った「さそり座のアンタレス」が見えます。晩秋の低空に消えていく姿が、なんとも寂しげです。
b0069126_20405058.jpg


振り返ると東の空に秋のひとつぼし
「みなみのうお座のフォーマルハウト」が輝いてます。
月明かりに照らされたススキの草原、
その向こうに遠く富士山が見えてます。
b0069126_20441723.jpg


この日は澄んだ空だったんでしょう。
強烈な月明かりの中でも天の川が見えました。
b0069126_20485715.jpg


霧ヶ峰はもうすぐ冬季閉鎖になり、雪に閉ざされます。
b0069126_2049445.jpg



あまりにも無風で音もなく幻想的な風景に包まれてしまったので、先日の台風一過の時以上に会議に間に合わない状態まで眺めていてしまいました。この後、普通はあまり通らない「扉峠」を使って松本に下りました。

今回の会議、実はかなり長時間になる事が予想されてたので、内緒ですが初めから「中抜け」する事を企んでました(笑)

車で10分のところにお気に入りの場所がありまして、蝶ヶ岳や常念岳、有明山に沈む夏の大三角をしばし眺めながら、また会議に復帰しました。息抜きには丁度いい風景ですね。
b0069126_20565810.jpg

[PR]
# by usudahoshinokai | 2017-11-04 21:01 | 活動報告 | Comments(2)
いざ乗鞍
 数年前、10月の連休に乗鞍に行こうとしたとき、松本から上高地へ向かう158号線が物凄い渋滞で断念したので20年ぶりの再訪です。大体の道を覚えていたのと、田舎の道なので迷うことはないだろうとタカをくくっていたのですが、塩尻を抜けると松本に向かっているはずなのになにやら道がさびしくなり、”ようこそ木曽路へ”という看板が。往復で20Kmも余計に走り、午前1時にやっと鈴蘭に到着。さっそく無料の露天風呂に入り、お風呂のあとはビールで幸せな気分に(笑)。寝る前に西に傾く月と登って来る冬の大三角を眺めましたが、透き通るような透明感の高い星空はまさに乗鞍の空でした。

b0069126_0443528.jpg

b0069126_044583.jpg
b0069126_0451270.jpg


 翌日は、一之瀬園地や善五郎の滝、三本滝を散策。その後、温泉へ。白骨温泉までのスーパー林道、白骨温泉から158号線までの渓谷、上高地からダムにかけての渓谷沿いの紅葉が見事でした。

 いつの日かマイカー規制が解除されて、畳平の星空をまた眺めてみたいものです。
[PR]
# by usudahoshinokai | 2017-11-04 00:56 | その他 | Comments(1)
夢を乗せて
今日の明け方ISS(国際宇宙ステーション)が日本上空を通過するとJAXAのHPで見つけたのは、つい先週の事。

今まで何度か見たことはあるのですが、他の人工衛星と比べるとその明るさと速さにビックリするばかりで、あらためて圧倒的な存在感に感動してしまいます。

夕方通過する時は、仕事中に事業所のスタッフやお預かりしてる子どもたちと一緒に眺めたりするのですが、いざ、自分の余暇として見ようと思うとなかなか機会が無かったので、今朝は絶対に見てやろうと周到に準備していたのでした。

さらに時間帯的にかぶるので、カノープスも見ちゃおう(撮っちゃおう)のW計画でした!

夜半前まで仕事してたので、高峰高原に直行して仮眠
(あれ?今朝も居たような・・・(笑))

2時に起きると佐久平は薄いガスに包まれていましたが、
きれいに星は出てます。

まずはカノープスの登場!
b0069126_1218136.jpg


うーん、いい感じに見えてるんだけどモヤってる。

南中前後40分の長時間露光
b0069126_12214435.jpg


昨夜これ撮ってれば低空のモヤの影響は無かったかもなぁ
明日撮るからいいや、なんて思ったのが仇でした。

沈む前のワンショット
左の木の脇に辛うじてカノープスが写ってます
b0069126_12384010.jpg



いよいよ明け方
狙うは「5時19分、西南西の空、仰角12°」
(JAXA HPより)

だいたいこの辺に現れるはず!
b0069126_12273215.jpg


ドキドキですよね

冷静になるために振り返って東の空を見たりして・・・

べつの衛星がしし座の鎌を横切ります
何という衛星かは分かりませんが
こっちはこっちで頑張ってるのに
間が悪くISSの前座になってしまいました(笑)
b0069126_1231336.jpg



5時19分
きたー!
b0069126_12405390.jpg



当たり前ですが、「超」時間正確でした

明るい明るい
b0069126_1242757.jpg


速い速い
b0069126_1243280.jpg



あっという間に北の空に消えていきました

上空約400km、時速3万キロ弱。
90分で地球一周するその速さは、
ライフル銃の弾より速いそうです(笑)

人間の技術の結晶ですね

12月には金井宇宙飛行士がこれに乗り込みます。
ISSクルーになる夢を叶えるって、凄いなぁと思います。
人知れず努力を続けた結果ですよね。
ミッションの成功を祈ります。

息子の夢もここを目指してます。

みんながんばれ!

b0069126_1250936.jpg

[PR]
# by usudahoshinokai | 2017-10-31 12:55 | 活動報告 | Comments(5)




会員の活動の様子と写真を公開しています
by usudahoshinokai
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
タグ
(132)
(72)
(53)
(36)
(33)
(20)
(18)
(11)
(4)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
最新のコメント
ご参考になるか分かりませ..
by naito at 21:59
お疲れ様です。仕事も趣味..
by 南八ヶ岳の住人 at 01:04
一度でいいから畳平の星空..
by naito at 18:03
たしかGPS衛星は地球と..
by naito at 18:40
地球を90分で一周で高速..
by 南八ヶ岳の住人 at 11:36
ISS直接撮影は魅力です..
by naito at 20:41
MTをエクステンダーet..
by おgihara at 14:47
そういえば、ISSの時刻..
by naito at 13:38
天気に恵まれて気持の良い..
by naito at 13:27
遠くてなかなかいけないと..
by 南八ヶ岳の住人 at 08:09
「ブラタモリ」みたいな中..
by おgihara at 16:51
記事の冒頭、「槍ヶ岳」で..
by naito at 13:17
野辺山の別荘地からという..
by 南八ヶ岳の住人 at 10:18
これは美味しそう~! ..
by naito at 23:40
歴史と自然。首都圏から離..
by 南八ヶ岳の住人 at 10:17
どの料理にもあうキノコっ..
by naito at 01:00
ハナイグチなんですね! ..
by tanto at 09:51
一般名ハナイグチ。諏訪地..
by 南八ヶ岳の住人 at 13:39
高峰は雲海の上でしたか。..
by 南八ヶ岳の住人 at 10:07
リンドウきれいですね! ..
by naito at 09:06
最新のトラックバック
カレンダー
from さくの日記
検索サイト登録代行 アク..
from アクセスアップ 検索エンジン..
今週末もバイラルCM☆
from 世界おもしろCMランキング
北アメリカ
from 世界・各国・万国
t[iframesjF ..
from SEOL[[h
決定的瞬間
from 徒然なるままに独り言を呟く
MegaStar-M51..
from うすだ星の会 ~星景写真の楽..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧